ホーム講座メニュー > おうち色育のすすめ

色育(色育)講座のご案内はこちら
社団法人 日本色育推進会 公式サイト
おうち色育のすすめ(1)はこちら
おうち色育のすすめ(2)はこちら
おうち色育のすすめ(3)はこちら
※おうち色育は、皆さんがそれぞれのやり方で楽しんでいただけるものです。この「おうち色育のすすめ」では、私が自宅で家族と一緒に行っているワークや感想をご紹介しています。活動や、ご活用の参考としてご覧いただければ幸いです。

◆おうち色育のすすめ・カラーダイアリー

 「ぎゅっとくんのカラーダイアリー」は、色育の教材のひとつです。
 誰かと二人で塗る、3分で出来るコミュニケーションとしてのぬりえと、自分一人で仕上げるぬりえ、どちらでも自由にご活用いただけます。

 写真は2018年12月に、家族4人で1週間カラーダイアリーを続けたもの。
 1日1日自分の気持ちを確かめ、1週間続けてから振り返ってみると、毎日違う色、違う風景、違う気持ちであることに驚いたり、何かに気づいたり、そして、良い想い出の1冊となります。

 「今日の気持ちは、どんな色かな。」
 「今日は、ぎゅっとくんを何色で塗ろうかな。」
そんな会話をしながら塗って出来上がったカラーダイアリーは、とても素敵な思い出となります。


会えなくても伝わる


 主人が夜にぎゅっとくんを塗ったカラーダイアリーをテーブルに置いておくと、翌朝起きた娘たちが順番に応援メッセージと応援イラストを描いていました。

 次女からは「パパぎゅっとくん頑張れ!」と、癒されそうな森林のイラストでのメッセージ。

 長女から「フレーフレーパパ!」と、大きな虹の上から太陽が輝いているイラストでのメッセージ。

 帰宅したらこんなに気持ちのこもった色塗りがされていることがとても嬉しかったようで、自分から毎日ぬりえをしていました。
 会って直接言うだけじゃなくて、交換日記のような応援も出来ますね。


相手を思いやる気持ち

「お母さんどんな気持ちでピンクを塗ったの?」
「次女のことが大好きと思ったからピンクを塗ったよ」

 この言葉のコミュニケーションがあって、次女は周りにハートをたくさん描いてくれました。

「私もお母さんのこと大好きだから!」

 ハートでお返しをもらって、 なんて可愛いのと盛り上がる親バカぶりですが(笑)、このぬりえをやらなかったら、発生しなかった心のコミュニケーションは宝です。

 長女は私のぎゅっとくんにドレスを着せてくれて、守ってくれるぎゅっとくん兵隊さんとお城も描いてくれました。
 相手を思いやる気持ちに、ジーンときました。


「楽しい!」を満喫する


 次女はアイデアマンで、周りの人を笑わせるのがとにかく好きな性格。
 一番皆が笑ったのが ビーチチェアにアフロヘアー、サングラス!(笑)
 どこからこんな発想が出てくるのか、面白くて面白くて皆でお腹を抱えて笑いました。

 次女の個性は、色育を始めてますますパワーアップしている模様。

 年末年始には、その日見た夢を描くブームも到来していました。
 夢に見た映像を、自分で絵で表現するのも、想像力・表現力のアップにつながります。

 皆を笑わせることも、自分の夢を絵にして披露することも、次女にとっては「楽しい!」を満喫することのようで、カラーダイアリーが大好きになりました。


燃えるような決意表明

 長女のここ1番は、燃えに燃えているぎゅっとくん!
 前日夕方に、ずっと欲しかった一輪車が届きました。

「明日は朝から勉強とピアノの練習を超特急で終わらせて、
 たくさん一輪車するぞー!!」

と、ページの裏に決意表明もしていました。
 ぎゅっとくんを真っ赤に塗るだけでなく、 目は更に燃えています!
 やる気満々なのと、嬉しい気持ちが伝わってくる1枚でした。

 年末年始の長女のブームは、見たこと聞いたことを絵にすること。
 大晦日に除夜の鐘をつく様子、とても上手に描けていました。

「鐘の色は青と緑を混ぜたような色で、お坊さんは眼鏡をかけていて、階段の上に上がってゴーンってつくんだよね。」

 よく観察しています!色育カラーダイアリーは、褒める要素がいっぱいです。

黒を塗るとき

 この日のぎゅっとくんは黒く囲まれていますが、
 これは次女の大好物の黒豆ぎゅっとくん。

 黒を塗ると心配、というお話を時々伺いますが、このように大好物だからという、単純明快な理由で塗られる黒もあります。
 黒豆の中を紫にしたのは、「ぎゅっとくんも黒だと見えなくなっちゃうし、 黒に一番近い色は紫だから」だそうです。

 ぬりえ全てが、色彩心理の反映とは限りません。

 だから色育は、色で決めつけをしないのです。

 お子さんが塗った色が気になる場合は、どんな気持ちで塗ったのか、お話を聞いてくださいね。

 娘に聞かなかったら、私も「ぎゅっとくんが黒で囲まれてて、ぎゅっとくんも紫!周りも枠で囲まれてる…!!」と心配したかもしれません。
 現実は、こたつの上のおせちの黒豆(大好物)です(笑)

 こういう日の色育は、「おせちの黒豆、とっても楽しみだね~!」と、一緒に喜びあいます。


手のひらサイズのカラーダイアリー

 カラーダイアリーを一冊終えたら、裏表紙に一言書く欄があります。

「12月は楽しいことばかりだった。楽しかった!2018」

 娘が塗ったぎゅっとくんは虹色。
 たくさんのことを感じて、充実した1年でした。
 こうして改めて気持ちを確認できると、一緒に色育続けて良かったなと心から思います。

 カラーダイアリーは、手のひらサイズの小さな1冊。
 この大きさなら、ぬりえも簡単です。
 7色のぎゅっとくんが虹のように並んだ表紙も可愛いし、表紙を眺めて、今日の心の色を選んでも良いと思います。

 8日間で出来上がる1冊のカラーダイアリー。
 毎日の日課にしても良いと思いますし、出来る時に自分のペースでも良いと思います。
 気持ちが紙の上にあらわれる素敵な1冊、始めてみませんか。

おうち色育のすすめ・その3に続く

***********************************

「結の絵」では、色育の様々な講座を受講いただけます。
お子さんが幼稚園や小学校に行っている間の2~3時間など、時間分割でのご受講も承っておりますので、ご相談ください。
  色育体験講座
  色育アドバイザー養成講座
  色育のための3つの入門講座
   └色育のための 色の意味と傾聴入門講座
   └色育のための 色彩心理学入門講座
   └色育のための 色彩学入門講座
  色育勉強会
  色育オプショナル講座(大人の色育講座の組み立て方のヒント)
  色育8カードリーダー養成講座



 
 「お申込・お問合せメールフォーム」はこちらです。
  

 ◆自宅教室の開講は平日です。
  開講可能日・時間はHP左のカレンダーまたはブログでご確認ください。
 ◆団体様向けの出張講座、イベント出展などは土日および春夏冬休み中も
  可能な日がございますのでご相談ください。
 ◆お申込みから近い日付での開講もお気軽にお問合せください(^^)


このページの先頭へ